こんにちは、多田陽子です。

相続税っていくら財産があったらかかるのでしょうか。
これまで「自分には縁のない税金だわ」と思っていた方も、もしかすると相続税を支払わなければならない可能性があります。

法律改正があり、平成27年1月1日以降にお亡くなりになった方(被相続人)の財産については、「基礎控除3,000万+600万×法定相続人の数」を超えると相続税がかかることになりました。

法定相続人とは、
①被相続人に配偶者と子供がいた場合…配偶者と子供
②被相続人に子供がなく、配偶者と被相続人の両親がいる場合…配偶者と両親
③被相続人に子供がなく両親も他界し、配偶者と兄弟姉妹がいる場合…配偶者と兄弟姉妹

法定相続人は配偶者は必ず含まれ、①~③の順に考えます。
最近は独身の一人っ子も多いので、①~③のどちらも該当しないケースも出てきているようです。(このケースについてはまた今度書きます。)

また上記の計算では次の点を注意してください。
1.法定相続人の数は、相続の放棄をした人がいても、その放棄がなかったものとした場合の相続人の数をいいます。
2.法定相続人のなかに養子がいる場合の法定相続人の数は、次のとおりとなります。
(1)被相続人に実子がいる場合は、養子のうち1人までを法定相続人に含めます。
(2)被相続人に実子がいない場合は、養子のうち2人までを法定相続人に含めます。

この基礎控除額を超えそうだと思ったら早めに税理士にお問い合わせください。相続税の申告は被相続人が亡くなってから10か月以内に行う必要があります。

当事務所では無料相談で、相続税の申告が必要か試算いたします。
 050-3553-7817